ACTIVITY活動報告

社会奉仕 コロナ被害寄付

2020年6月4日社会奉仕活動,

新型コロナウイルス感染症の拡大により世界中で大きな影響が出ており、洛東ロータリークラブの活動地域内でも多大な経済的被害が出ております。
なかでも社会的弱者である孤児を預かる孤児院では学校の休校等影響は甚大でありますので、社会奉仕事業として
京都市東山区の「社会福祉法人 平安養育院」に寄付金をお送りしました。

当クラブ会長が平安養育院施設長様と面会し寄付金を手渡しいたしました。

「社会福祉法人 平安養育院」は、明治38(1905)年に実業家丹治直次郎氏によって平安養育院として創設されました。
児童の福祉法人です。

事業の概要
・児童養護施設平安養育院を設置、経営し、満2歳~18歳で家庭での養育が困難な児童を養育。
・子育て支援短期利用事業として、小学校6年生までの児童をお預かりする。
・児童発達支援センターむくの木園を設置、経営し、障害のある就学前児童の通所支援を行う。
・児童発達支援事業(母子通園)つるの家を設置、経営し、発達に課題のある2歳・3歳児の通所支援を行う。
・自立援助ホーム東樹を設置、経営し、義務教育終了後に修学・就労が不安定な児童の自立を支援。